« 第29回みんくるカフェ「作業療法士の扱う”作業”を健康に活かすには?」 | トップページ | 公開シンポジウム「健康を核に地域づくり戦略を描こう〜経済中心の活性化から暮らしの活性化へ」 »

2014年7月11日 (金)

第30回みんくるカフェ「いのちをめぐる対話-意思決定ができない赤ちゃんのいのちを考えることを通して-」

こんにちは!

みんくるカフェスタッフのまみです!

clover7月11日(金)、第30回みんくるカフェ「いのちをめぐる対話-意思決定ができない赤ちゃんのいのちを考えることを通して-」を開催しました!
みんくるカフェ死生学シリーズ第4弾となります。

場所は、レトロな雰囲気、昭和時代にタイムスリップしたような・・・そんな錯覚を覚える珈琲「金魚坂」さんで行いました。
参加者は、医療者(看護師・助産師・薬剤師・栄養士・MSWなど)、会社員の方、ライターさん、看護学生、僧侶の方など16名でした。

10527837_862262920451313_2673435182


cloverまずは、各テーブルで自己紹介、そして「マイブーム」について一言ずつお話してもらいました。
はじめは静かな雰囲気だった各テーブルですが、声が少しずつ大きくなっていき、徐々に場が和んでいきました。

cloverその後、修士時代に臨床死生学を学んでいた私が、少しだけ死生学についてお話しました。
死生学とは「死」と向き合うことで「生」の意味を考えていく、それはまさしく「いのち」について考える学問です。単なる生命体としての「命」だけではなく、人として生きる「いのち」について深く考えます。
死が遠い存在となり、「いのち」の大切さに疎くなっているといわれる現代社会で、敢えて「死」を考えることによって「生」について考える。そんな視点を与えてくれるのが死生学です。
そして今回は、そんな死生学の視点を少しとり入れながら、重い障害をもった赤ちゃんのいのちについてどのように考えたらいいのか、というテーマで参加者の皆さんと対話を行いました。


cloverまずは、参加者の皆さんと番組を録画したDVDを一緒に観ました。
番組は「いのちをめぐる対話-新生児医療は今-」というものです。2008年にNHKで放送されたものです。

DVDには、生まれつきのご病気の赤ちゃん、お誕生のときに具合の悪くなってしまった赤ちゃん、赤ちゃんのご両親、そしてそれぞれの赤ちゃんの担当の医師が登場します。
どのようにしてあげることが赤ちゃんたちにとって最善なのか。ご両親と医師との間で赤ちゃんのいのちをめぐる対話が何回にもわたって行われます。

10463883_862262987117973_9107866868


clover医療の現場では、インフォームドコンセント(説明と同意)という言葉がよく聞かれます。
しかし、ここでは「対話」が行われていました。
一方的な説明を医師が行うのではなく、ご両親と対話を重ねる。意思表示ができない赤ちゃんだからこそ、赤ちゃんにとってどうしてあげることが一番なのかをともに考えます。
ましてや、ご両親は赤ちゃんとの十分な親子関係がまだ築けていないため、非常に迷い悩まれることが想像できます。
だからこそ、医師からの一方的な説明ではなく、ともに考えることを大切にする対話がいかに重要なのかということに気づかされました。

10462685_862263007117971_9087082952


cloverDVDを視聴したあとは、参加者の皆さんで対話をしていただきました。
対話のテーマは3つです。

oneあなたがもしも親の立場だったら?
あなたが治る見込みが少ない大きな病気をもった赤ちゃんの親だったとき、赤ちゃんの幸せについて考えるとき、どのようにしてあげることが赤ちゃんにとって幸せだと考えますか?
twoあなたがもしも赤ちゃんや親御さんをサポートする立場だったら?
赤ちゃんの幸せについて考えるとき、どのようにしてあげることが赤ちゃんにとって幸せだと考えますか?
医療者の立場として、おじいちゃん・おばあちゃんの立場として、友人として、社会の一員として。
three幸せに生きるとはどういうことなのでしょうか?

まずは4つのテーブルすべてで①のテーマについて対話をしてもらいました。
続いて席を移動し、②と③のテーマについて2つずつのテーブルで対話をしてもらいました。
再度席を移動して、参加者の方には、すべてのテーマについて対話に参加してもらう形となりました。

10271627_862263003784638_3333285657


なかなか口に出して言えないこともあるかもわかりません。
ただ、対話の場は守られている場であること、ここでは正解を見つけるのではなく、色々な人と対話をすることにより、考え方の多様性、そしてこれまで気づかなかった新たな気づきが得られるということが大切なことということを皆さんにお伝えしました。

対話の時間はあっという間に過ぎていきました。
決して簡単なテーマではないので、対話に参加されたみなさんの一言ひとことは、考えて発せられる言葉、そんな印象でした。
最後に各テーブルのファシリテーターに、テーブルでどのような対話が行われたのか発表してもらいました。対話の内容をご紹介します。

10488021_862263167117955_5867876516


cherryAグループ(①親の立場なら?→③幸せに生きるとは?)

clip子どもの幸せを推察するが、そこには迷いがある。難しい。医療従事者との関係では親としての気持ちを完全にわかってもらうことは無理だろうというあきらめの気持ちもある。でも、完全にわかってもらえなくても医療者にはわきまえてそばにいて欲しい、それが親としての気持ちでもある。
clip幸せに生きるということをどう考えたらいいのか・・。赤ちゃんは生きてきた歴史が短いから、高齢者と比べると、その人の価値観やその人らしさというものがわかりにくい。でもまったくわからないわけではなく、親にはわかるところがあるはず。子どもと親は一体化しているところもある。親にとっての幸せが子どもにとっても幸せとも考えられる。そうやって考えて納得することもある。
clip大人だって一人では生きてはいけいない。それは子ども一緒。そして幸せというものはとても相対的であり、瞬間的な小さいことから無限大の幸せを感じることができる、と。
clip対話を真摯に重ねていくことが大事だが、現場では対話が現状は少ない。立場が違う、医療者と患者・家族が、説明や同意という一方向ではなく、双方向で対話することが大事。

bananaBグループ(①親の立場なら?→②サポートする立場なら?)

clip赤ちゃんは生まれたときから意志がある。赤ちゃんの出す生きる意志のサインを見抜くことが大切。
clipサポートする立場のとき、家族の悩みに付き合うこと、思いを聴く姿勢が大切。寄り添う気持ちが必要。家族の状況、家族関係、医師との関係、赤ちゃんの状態もそのときそのときで変わってくる。プロセスがある。様々な決定場面がある。そして決定されたことについてサポートする立場にある者は、ご両親をしっかりと支援する姿勢をもつことがとても大切。

10489891_862263227117949_5728467820


appleCグループ(①親の立場なら?→②サポートする立場なら?)

clip生まれたからには、やはり親としては生きてほしいと思う。短命だから、病気をもっているからかわいそうだというのではなく、いのちを大切にしてほしいという気持ちがある。
clip赤ちゃんとコミュニケーションがとれるわけではないから、赤ちゃんにとっての幸せなのか、親にとっての幸せなのか、その線引きが難しい。
clipサポートする立場からは、自分たちを責めてしまうご両親をしっかりとサポートする体制が大切。
clip赤ちゃんの快・不快がもしも何らかの検査の結果からわかるのであれば、素人はわからないので、医師にそれを説明してもらいたい。そして対話を続けていくことがとても大切だと思う。

riceballDグループ(①親の立場なら?→③幸せに生きるとは?)

clip高齢者にとっては大往生というものがある。高齢者の考えていることを推測するにはそれまでの生きざまを通して様々な判断材料がある。でも、赤ちゃんはそれがわかりにくい。本能的に親はわかるかもしれないけれど、でも判断材料が少ないから難しい。
clip赤ちゃんの幸せは、みんなにとっての幸せにつながるものでもある。
clip生きている、ということそれだけで幸せかもしれないけど、社会的な幸せということを考えると、人間ひとりだけでは幸せについて考えることはできない。ほかの人の幸せが自分の幸せに感じることもある。

10489793_862263230451282_5112211146


参加者の皆さんの対話の内容を聞かせていただき、改めて難しいテーマだと思いました。
小さな小さな存在だけれども、重みあるいのちの存在を、私たち大人はしっかりと受けてとめ、赤ちゃんにとっての最善はなにか、赤ちゃんは何を望んでいるのか、そして赤ちゃんとそのご家族にとっての幸せはどういうことか?真摯な対話を重ねて考えていくことが大切であるのだと思いました。
そして幸せに生きるということは、一人だけではわからないものである、ということを改めて考えました。

参加者の皆さま、ありがとうございました!


pencilpencilpencilpencilpencil

最後に皆様から寄せられたアンケートをご紹介します。

◎新たな気づきや学んだことはありますか?
clip赤ちゃんを生まれたときから一人の人間として扱うこと。当たり前のことですが、今回話して改めて気づきました。
clip生後間もなくの子を亡くす状況は全くの想定外で非常に重いテーマだったが、そのことに触れられたことは貴重な体験でした。
clipムンテラでもなくインフォームドコンセントでもなく、「対話」の大切さを改めて考えました。
clip単なる事実を伝えるだけでは不十分なときがあること。

◎あなたの活動やお仕事にどんな影響を与えそうですか?
clipSWとして改めて家族と対話することの大切さに気付いた気がします。対話の場づくりをしていきたいです。
clip答えを見つけるより、一緒に考えていくことの重要性を学びました。
clipテーマが重く、答えのないモヤモヤが残った。しかし、だからこそ「生きるとは」を考えていかなければいけないのだと思った。
clip医療現場でも様々な場面で対話ということを意識していきたいと感じた。医療者と患者だけでなく、DrとNsの対話もきっと必要なのだと思います。


(文責:まみ)

« 第29回みんくるカフェ「作業療法士の扱う”作業”を健康に活かすには?」 | トップページ | 公開シンポジウム「健康を核に地域づくり戦略を描こう〜経済中心の活性化から暮らしの活性化へ」 »

みんくるカフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1638583/56864475

この記事へのトラックバック一覧です: 第30回みんくるカフェ「いのちをめぐる対話-意思決定ができない赤ちゃんのいのちを考えることを通して-」:

« 第29回みんくるカフェ「作業療法士の扱う”作業”を健康に活かすには?」 | トップページ | 公開シンポジウム「健康を核に地域づくり戦略を描こう〜経済中心の活性化から暮らしの活性化へ」 »

フォト

最近のコメント